フォントの利用数と利用サイトを調べることができる「FontReach」

この記事の読了時間: 117

デザインをする際、コンセプトにあったフォント選定って、なかなか骨の折れるものです。
トレンドをふくめて考えるとより時間がかかります。
fontreach

ぐったり..

 

そんな時に便利なのが、フォントの利用数と利用サイトをさらっと調べることができる「FontReach」です。

「FontReach」はウェブ上のフォントの使用状況がわかるサービスです。
 

フォントの使用サイトとその総数がわかる

フォント名を入力するとそのフォントを使用しているサイトとその総数が表示されます。

sans-serifで検索してみました。
fontreach2
sans-serifを使用しているサイトが一覧で表示されます。

現在、yahoo.com、twitter.com、linkedin.com、instagram.com、pinterest.comなど221,348サイトで使用されているようです。

また、フォント全体で4番目によくつかわれているようです。
 

有名サイトで使われているフォント一覧がわかる

フォント名で検索して表示されたサイト名をクリックすると、そのサイトで利用されているフォントの一覧を見ることができます。

現在yahoo.comでは、sans-serifのほかにHelvetica Neue、Georgiaが使われているようです。

 

これで効率的に、そして高品質にフォント選定をすることができそうですね。


UX/UI の最新記事