アプリやWebのUIを機能ごとに閲覧できるサービス「UI Garage」

この記事の読了時間: 120

Webサービスやアプリのデザインをしていると、ふと、
「ログインページのUIってどういう風に構成するんだっけ?」
とか
「AndroidアプリのUIってどんな特色があったんだっけ?」
など行き詰まることがあります。
dev-design
そんなときは世に出ているたくさんのWebサービスやアプリを実際使ってみて解決するのですが、そこをさらっと解決できそうなサービスがありました。

 

アプリやWebのUIを機能ごとに閲覧できるサービス「UI Garage」です。

「UI Garage」は端末や機能ごとに流行りのUIを閲覧することができるサービスです。
閲覧だけではなく、参考になりそうなUIを投稿し、シェアすることもできます。
 

端末ごとの流行りのUI

端末はiOSアプリ、Androidアプリ、Webサイト、MacアプリとそれぞれのUIを閲覧することができます。
 

機能ごとに流行りのUI

機能は、404、Camera、Calendar、Dashboard、Login、Map、Music Player、Q&A、Settings、Walkthrough
など多数の機能ごとにそれぞれのUIを閲覧することができます。
 

最新のUIを通知してくれる

メールアドレスを登録すると、最新のUIがアップデートされたら通知してもらうことができます。

 

これでデザインやそこにひもづくグロースハックがよりスムーズに行うことができそうです。


UX/UI の最新記事