水分を補給するタイミングを教えてくれるスマート水筒「SIPPO」

この記事の読了時間: 122

休日、時間が出来るとよく散歩に行きます。
最近は奥渋谷といわれているエリアを中心に楽しんでいます。
walk
奥渋谷とは渋谷駅や原宿駅から徒歩で10分〜20分歩いたところにある渋谷区の中西部、神山町や富ヶ谷周辺のエリア。
神泉駅・代々木公園駅・代々木八幡駅あたりからアクセスが良いです。

サードウェーブコーヒーが飲めるLittle Nap COFFEE STAND(リトルナップコーヒースタンド)のコーヒーを持って代々木公園や明治神宮を散歩。
疲れたらBONDI CAFE YOYOGI BEACH PARK(ボンダイカフェヨヨギビーチパーク)のテラスソファー席で代々木公園の緑を眺めながらひと休み、なんて好きなコースだったりします。

 

散歩中はもちろんですが、日常の生活の中でも必須なのが水分補給。
気にしていてもついつい忘れてしまうことも多かったりします。

そんなとき水分を補給するタイミングを教えてくれるIoTな水筒「SIPPO」が役に立ちそうです。

「SIPPO」はBluetoothを経由してiPhoneなどのスマートフォンと連携することで、水分補給のタイミングをアドバイスしてくれるスマート水筒です。

まず、専用アプリに体重などの生体情報データを設定します。

水を飲む時間になったら、スマホに「SIPPO」の中の水を飲むよう通知してくれます。
また、毎日の水を飲んだ量が記録され、水分補給の達成状況も確認することができます。

 

これで2016年はお肌も健康も快適に過ごせそうです。


IoT の最新記事