傘の置き忘れを教えてくれるスマート傘「Oombrella」

この記事の読了時間: 124

春。
冬のあいだにお世話になったダウンジャケットやキルティングジャケットを脱いで、トレンチコートやボーダーシャツ、スリッポンなどで明るめにコーデして街にでかけたいですね。

それにあわせて傘も春らしくエレガントに。
umbrella
でも悩ましいのは傘の置き忘れ。
せっかく春らしいエレガントな傘を買ってもすぐなくしてしまうのではとても残念です。。

 

そんなとき、傘の置き忘れを教えてくれるIoTな傘「Oombrella」が便利そうです。

「Oombrella」は天気共有アプリを提供しているwezzoが開発したスマート傘です。
Bluetoothを経由してスマートフォンと接続することで、傘の置き忘れを専用アプリで通知してくれるほか、雨が降る直前にも通知をしてくれます。

 

傘の置き忘れを通知してくれる

OombrellaとスマートフォンとのBluetooth接続が切れるとアラートを送信する仕組みになっているので、レストランやカフェなどで傘を置き忘れてしまっても安心です。
さらに位置情報も記録されており、なくした場所がわからない場合でも傘を見つけ出すことができます。

 

雨が降る直前に通知を受けることができる

Wezzooと連携することで、雨が降る15分前に事前に通知を受けることができます。

また温度や湿度、紫外線、気圧を測ることも可能で、そのデータはWezzoo上で共有され、通知の精度を向上させるのにも役立てています。

 

これで傘を置き忘れの心配なくたくさん使うことができそうです。


IoT の最新記事