鮮度を保てるスマートワインボトル「Kuvée」

この記事の読了時間: 140

ときどきワインを飲みます。
glass-wine
とくにホームパーティではスパークリングワインを中心にワインはかかせない存在になっています。

 

悩ましいのが残ってしまったワイン。
当然ながらホームパーティでは計算して飲むわけではないので、開けてひとくち飲んだ程度で残ってしまうこともあります。
そのままにしておくと味はおちてしまうし。。

そんなとき、鮮度を保てるスマートワインボトル「Kuvée」がよさそうです。

「Kuvée」はワインの鮮度を最大30日キープできるスマートワインボトルです。

本体はアルミ製のカートリッジボトルになっており、タッチスクリーンが搭載されています。
カートリッジ式を差し込むことでワインを飲むことができます。

一度の充電で最大6時間連続して使用が可能です。

 

一度ワインを開けても1ヶ月は鮮度を保てる

カートリッジボトルの底にはオリジナルの容器が取り付けられており、そそぎ口は酸素がボトルに入らないような仕組みとなっています。
この仕組みにより、一度容器を開けても1ヶ月は鮮度を保つことできます。

 

飲んだワインの履歴や、ワインに合う料理を教えてくれる

タッチスクリーンには、入っているワインの情報が表示されます。
さらに、そのワインに合う料理なども知ることができ、飲んだワインの履歴も確認することができます。

 

ワインの残量を確認したり、ワインを追加で購入できる

また、タッチスクリーンではグラス何杯分の量が残っているかを表示してくれ、ワインの残量が少なくなったら、48種類のワインから好みのものを追加で購入することができます。

Kuvéeユーザーの口コミを参考に、オススメのワインを探すこともできます。

 

これで、ワインの鮮度を保てるのはもちろん、今まで以上にワインの楽しみ方が広がりそうですね。


IoT の最新記事