ワンプッシュでデンタルフロスが習慣化できるスマートフロスディスペンサー「Flosstime」

この記事の読了時間: 139

デンタルケアってとっても大切。

虫歯や歯周病を防ぐには、歯ブラシだけでなく歯の間の歯垢を清掃する細い糸、デンタルフロスで歯と歯の間までしっかりケアすることが必要です。
brushing

でもデンタルフロスはとにかく取り出すのが面倒。
歯医者でフロスを進められて数日はやる気まんまんになるのだけど、すぐに歯ブラシだけでケアする形にもどってしまいます。。

 

そんなとき、ワンプッシュでデンタルフロスが習慣化できるIoTなフロスディスペンサー「Flosstime」が活躍しそうです。

「Flosstime」はワンプッシュでフロスが使え、使用漏れがあった日にはリマインダーライトで知らせてくれるスマートフロスディスペンサーです。
 

見た目がスマートで魅力的

「Flosstime」はまず見た目がスマートで魅力的。
flosstime1
出典: Kickstarter

 

ワンプッシュで最適なフロスの長さと最適な利用時間がわかる

表面のボタンを押すと、約46cmの長さでフロスを出してくれます。
そしてフロスをFlosstimeから取り出すと、青い光で90秒間のフロスタイムを案内してくれます。
flosstime2
出典: Kickstarter

終了後には青いスマイルでフロス完了をねぎらってくれます!
フロスをさぼっているとオレンジ色のしかめ面やリマインダーライトで警告されるので、フロスのし忘れをふせぐことができます。

また、2人で利用することも可能です。

 

歯の健康は身体全体の健康につながります。
スマートフロスディスペンサーで健康な歯と健康な体の維持に磨きがかけられそうです。


IoT の最新記事