魚がかかるとスマホに通知してくれる「FishSentry」のスマート釣り竿

この記事の読了時間: 125

たまのアウトドア、楽しいですよね。

ハイキング、トレッキングと山遊びから、カヤッキング、パラセイリングなど海遊びまで。
緑を満喫しながらのスポーツは心も体も健康にしてくれます。
fishing
アウトドアの定番といったらやはり釣り。
キャンプにいくと必ず仲間がやっていて、未経験ながら興味は深まるばかりです。

 

そんな釣りに興味がある初心者にも最適な釣り竿が、魚がかかるとスマホに通知してくれる「FishSentry」のIoTな釣り竿です。

「FishSentry」の釣り竿は、Bluetoothを経由してiPhone・Androidスマートフォンと接続し、専用のアプリをダウンロードすることで、魚がかかるとスマホに通知してくれるスマート釣り竿です。
 

先端と根元のセンサーが魚のアタリを感知

釣り竿の先端部分と根元部分に内蔵されたセンサーが釣り竿の先端の動きを検知することで魚のアタリを判断し、スマホに通知されます。
ユーザーはすぐに、釣り竿の変化に気がつくことができます。
 

黒鉛や繊維ガラスでしなやかさや耐久性を実現

釣り竿は2.6〜2.9メートルの長さで3タイプがあり、黒鉛や繊維ガラスといった素材を組み合わせることで、しなやかさや耐久性を実現しているようです。
 

釣果を分析するためのログを記録できる

また、釣りのログを記録することも可能で、日時・場所・潮の干満・月齢・天候などの情報を保存し、釣果が高かった条件を分析することができます。

 

これで初心者ながら一歩先を行く釣りができたら..と構想中です。


IoT の最新記事