花粉症などのアレルギーや喘息の原因をリアルタイムで検出するスマートセンサー「AlerSense」

この記事の読了時間: 138

もう2月。
花粉症の季節まであと少しですね。

スギ花粉を中心にヒノキやハンノキなどの花粉も多いこの季節、早いところだと2月上旬からスギ花粉が飛散をはじめます。
欧米でもhay feverという名で花粉症は存在しますが、日本で2~3月に起こる花粉症は規模がはるかに大きいようです。

数年前から花粉症が気になってきたので、この季節になると外出を極力さけてすごしています。
外出時には常にマスクで防備。
“花粉症でくしゃみがでる”
それでもなかなか花粉は防げないですね。。

 

そんなとき、花粉症などのアレルギーや喘息の原因をリアルタイムで検出するスマートセンサー「AlerSense」が役に立ちそうです。

「AlerSense」は 、花粉症やハウスダスト、そして大気汚染を原因とするアレルギーや喘息の原因物質が身の回りの空気に含まれているかをチェックできる世界初のスマートセンサーです。
Bluetoothを経由してiPhoneやiPadと接続することで、センサー本体はもちろん、スマホにも異常を通知してくれます。
 

4つのセンサーで環境状態を把握

大小の粒子をカウントする粒子センサー、部屋の中の湿度を計測する湿度センサ、VOCセンサーを使用して空気中の汚染物質を検出する大気質センサー、温度を計測する温度センサーが取り付けられています。
 

異常をライトの色の変化で教えてくれる

空気中の汚染物質や毒素、花粉、カビ、ほこり、化学物質、動物の毛まで異常を、通常はグリーン、注意が必要な時はオレンジ、症状を引き起こすレベルでは赤のライトで知らせてくれます。
 

専用のアプリでスマホにも異常を通知してくれる

空気中の異常を専用のアプリを経由してスマートフォンにも通知してくれます。

 

これで今年からは花粉症予防をさらに万全に近づけていけそうです。


IoT の最新記事