自転車版AirBnB、自転車をシェアできるサービス「AirDonkey」

この記事の読了時間: 131

都心に住んでいると自転車での移動がとても便利で、仕事でもプライベートでも移動手段として自転車を選択することが多いです。

定期的な有酸素運動にもなって一石二鳥。
自転車は、体への負荷が低く、一定時間以上の有酸素運動が続くことから理想的なダイエット方法としても知られています。
bicycle
乗っている自転車ですが、最近はロードバイクを卒業して、コンパクト車を愛用しています。
近距離移動が多く、長期間使わないときは室内で保管することもあるのでコンパクト車のサイズ感はぴったりです。

 

朝、家をでるときに雨が降っている日などはやはり車や電車での移動になります。
その後、お昼になって天気が回復、自転車が必要に。
そんなこともよくあります。

そこで気になっているサービスが、自転車をシェアできるサービス「AirDonkey」です。

「AirDonkey」はアプリを通じて自転車の貸し借りができるサービスで、自転車版AirBnBと言われています。
 

現在地周辺の空き自転車を検索し利用できる

オーナーはiPhone・Androidアプリから自転車の写真をアップロードし、貸出期間や利用料金などの諸条件を登録。
利用者は、クレジットカード番号などのユーザー情報を事前登録のうえ、必要なタイミングで専用アプリで現在地周辺の空き自転車を検索し、利用することができます。
 

対象エリア内はどこでも自転車の返却が可能

利用者は対象エリア内であればどこででも、自転車の返却が可能で、オーナーはスマートロックを経由して自転車の現在地の把握やロックの解除をすることができます。

 

これで移動の選択肢の中でますます自転車を強化することができそうです。


IoT の最新記事