Dropboxの音楽ファイルがいつでも聴けるアプリ「Jukebox」

この記事の読了時間: 135

ソウル、ジャズ、ラテン、ブラジル、レゲエ、ロック、ヒップホップ、ハウスと音楽は幅広く聞きます。
その中でソウルやジャズなど歴史が長い音楽はリリースがレコード中心なのでレコードでコレクト。
records
そしてレコードの音を録音して、WAVやMP3にしてDropboxに保存しています。

Dropboxではレコードから録音した音楽だけではなく、写真や動画、仕事の資料までフォルダをわけて一元管理しています。

 

Dropboxで管理している曲を移動時間にiPhoneやiPadで聴きたい!
そんなとき、一曲ならDropboxから聴けますが、複数の曲を気分で聴き続けるとなると..

そんなDropboxユーザーに便利なアプリがリリースされました。

それがDropboxの音楽ファイルがいつでも聴けるアプリ「Jukebox」です。

 

「Jukebox」はDropbox内に保存している音楽ファイルを効率的にiPhoneやiPadから聴くことができるアプリです。
オフラインでも再生できるので、Wifiがない環境でも利用することができます。

 

使い方

まず、Dropboxのアカウントと紐付け、サーバー上にある音楽ファイルを自動スキャンします。
あとはその一覧からJukeboxにダウンロードしたい曲目を選び、再生することで音楽を聴くことができます。

ダウンロードした曲はプレイリスト、アーティスト、アルバム別に振り分ける事ができ、再生はシャッフルとリピートの2パターンが可能です。

アプリの価格は無料、アプリ内広告や課金も無しで利用できます。

 

これで膨大にコレクトした曲たちをiPhoneやiPadでさらっと聴くことができるので、移動時間などがとても楽しい時間になりそうです。


Webサービス の最新記事