プログラミング言語のつながりが視覚的にわかる「Programming Language Influence Network」

この記事の読了時間: 151

ときどきUIを実装するのにJavaScriptやphp、htmlあたりのコードを書きます。
programming-books
ひと段落してコーヒーで休憩してると、ふとプログラミング言語の成り立ちが気になることがあります。
同時に次にどのプログラミング言語を学習したら理解しやすいのか、も。

JavaScriptはどんな言語に影響を受けてできたのか、phpの次はどの言語を学ぶとよいか..

 

そんなとき、プログラミング言語のつながりが視覚的にわかる「Programming Language Influence Network」が役にたちそうです。

「Programming Language Influence Network」はプログラミング言語の相関図を表したサービスです。
指定した言語がどの言語からの影響で作られたか、そして他の言語にどう影響しているかを相関図で閲覧することができます。

 

相関図から気になるプログラミング言語を探せる

銀河の星のような点たちがそれぞれプログラミング言語を表しています。

たとえば「JavaScript」をクリックすると、影響する言語までのラインが表示されます。
オレンジは影響を受けた言語、ブルーは影響を与えた言語を表しています。

JavaScriptの場合、
影響を受けた言語はSelf, C, Python, Perl, Scheme, Lisp, Java、
影響を与えた言語はmjt, ActionScript, Aikido Programming Language, Objective-J, DECLAN Pro, Squirrel, Script.NET, Curl, JScript, JScript .NET, Perl 6, CoffeeScriptのようです。

 

キーワードから探せる

ヘッダーの検索ボックスより気になるプログラミング言語を検索することもできます。
プログラミング言語をカテゴリで絞り込むことも可能です。

 

これでプログラミング言語全体を感覚的につかむことができそうですね。