スマホで撮影した気になる植物の種類がわかる「PlantNet」

この記事の読了時間: 132

散歩が心地よい季節になってきました。 
最近は新宿御苑や皇居東御苑、浜離宮恩賜庭園でゆったり、が気分です。
tulips
とくに浜離宮恩賜庭園に行くときは、その後近くの日の出桟橋へ向かい、宇宙船をイメージした松本零士デザインのアーバンな水上バスHotaluna(ホタルナ)でお台場までショートクルーズがおすすめコースです。
hotaluna
Hotalunaは船体屋上に遊歩甲板があり、船外で景観が楽しめるので周囲のアーバンな景色を船上からまんべんなく楽しむことができます。

 

そんなゆったり散歩をしていると、ふとしたときにキレイな花を目にしますよね。
「この花はなんという名前なんだろう」、「また見てみたいな〜」といった興味が湧いてきます。

そんなとき、スマホで撮影した気になる植物の種類がわかる「PlantNet」が役に立ちそうです。

「PlantNet」はスマートフォンで気になる植物を撮影することで、その種類を検索することができるアプリです。
検索した植物は位置情報をシェアすることができます。

 

撮影した画像から植物を検索できる

「PlantNet」は画像認識技術を活用して、スマートフォンで撮影した画像からデータベースを検索し、植物を探し出すことができます。
データベースの情報は、フランスの研究機関によって開発され、6000種類以上の植物が登録されております。

検索履歴が残るので、その植物についてあとでゆっくりしらべることも可能です。
 

気になる植物が生えている場所がわかる

植物を検索すると同時に位置情報が取得され、その情報から植物の場所のマップ化がおこなわれています。

 

植物の知識も深まって、散歩がより楽しくなりそうですね。


IoT の最新記事