スマホサイズながら180インチの大画面を投影できる「sProjector」

この記事の読了時間: 114

映画大好きです。

混雑がニガテなので映画館ではレイトショー限定。
家ではさらにくつろげるので家でDVDで映画をみることが多いです。
movie

クエンティン・タランティーノやジム・ジャームッシュ、ウェス・アンダーソンの監督作品を中心に幅広く観ています。

 

32インチのテレビで観る映画はなかなかの品質ですが、ふと
「この映画もっと大きい画面で観てみたいな〜」
と思うことがあります。

そんな要望をわずか150gのサイズで実現できるプロジェクターが「sProjector」です。

「sProjector」は150gのサイズながら180インチの大画面を投影できるプロジェクターです。
 

iPhoneと同じくらいのサイズ感

スタイリッシュなデザインにもこだわっており、サイズは70x130x15mm、重さは150gです。
150gといえば、iPhone 6sが143g、iPhone 6s Plusが192gなので、大きめのスマートフォンくらいのサイズ。
今までのプロジェクターより軽く、そして薄くなっています。
 

映画に集中できる静かさ

ファンを使わない設計なので、静かなのも特徴のひとつ。
より映画に集中できそうです。

 

自宅でホームパーティをやるときはもちろん、ホームパーティに招待されたときにも携帯してさらっと使うことができそうです。


ガジェット の最新記事